ブログ

2011年東日本大震災手記(当時のメモ)改めて語る 東日本大震災ドキュメント11

尊敬する消防団へ新鮮な野菜と食料を
消防団は捜索活動を休まず継続していた。
ある日、私は4㌧トラック2台分の
新鮮な野菜と食料を南相馬市の消防団に届けた。
市には救援物資が沢山届くが、
災害から1日も休まず頑張っている
消防団には何の報いもなかった。
遺体捜索にも私も参加してきたので、
消防団の活動が
縁の下の力持ちであり
現在の南相馬市を
実質支えてくれているということを分かっていた。
この努力に何かお手伝いをしたいと
同期議員の北村茂男先生、
永岡桂子先生にお願いし、
さらに、安倍晋三先生、
馳浩先生が段取りして下さって
4㌧トラック2台分の救援物資になった。
特に隣の茨城県の永岡先生には
食料をお願いした。
さすが永岡先生だ。
地元JAの役員さんとともに、
見事な野菜など食料を運んでくださった。
長澤団長は挨拶の中で
「私達にとって新鮮な野菜はダイヤモンドにも勝る」
と涙を流さんばかりに喜んでくれた。
団員達はチョコレート菓子を見ると
「俺これが好きなんだ」と大声を上げていた。
「皆さんありがとう。そしてご苦労様」。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP