活動報告

副大臣公務

文部科学副大臣就任から1年(文部科学副大臣1年間の活動を振り返る1)

文部科学副大臣就任から1年

令和元年9月13日、文部科学副大臣兼内閣府副大臣(東京オリンピック・パラリンピック大会担当)に就任した。 文部科学副大臣とは青天の霹靂だったが、経歴(自民党文部科学部会長を経験し、直前では衆議院文部科学委員長を務めていた)からすれば、文部科学省内では納得の就任らしい。

もとよりオリンピックについては、福島での野球・ソフトボール競技実現のために飛び回ってきた。「復興五輪」を名実ともに実現するために働けると気持ちが高ぶった。 就任直後に開幕したラグビーW杯の盛り上がりはご承知のとおりであり、

次は東京オリンピック・パラリンピックだと、

カウントダウンは順調に進んでいた。

そういう意味では、私の副大臣としての期間は、

新型コロナウイルス対応の前と後とに分けることができる。

まずは、

(1)東京2020オリンピック・パラリンピック大会に係わる取組

(2)学校を全ての子供達にとって魅力ある場所とするための取組

(3)福島が復興していく姿を世界に発信していくための取組

について紹介したい。

【文部科学省政務三役で】

【オリパラ担当政務三役で】

【新旧副大臣で引継】

PAGE TOP