活動報告

副大臣公務

コロナ過の中でも子供達に学びの保障を(文部科学副大臣1年間の活動を振り返る11)

学校の再開、困窮学生等の学修継続のための取組

2月27日安倍総理から全国の学校おける3月2日から春休みまでの臨時休
業要請がなされた。突然の要請に学校現場での困惑はいかばかりであったか、
私の下にも様々な声が届けられた。未曾有の事態にあって、「今子供達に必要
なこと」を具現化するため、大臣を支えながら対応にあたった。

◆一斉臨時休業要請による影響への対応

年度末も迫ってきた2月末頃。各学校では卒業式をはじめとする年度の締めく
くりとともに、新年度に向けた準備が進められていた。この学校で過ごすのもあ
と何日。そう思いながら過ごしていた子供達も多かったであろう。
そこに突然の臨時休業要請だった。もとより未知のウイルスに立ち向かってい
くための正解は用意されていない。批判は誰にでも可能だが、その中でいかに影
響を最小限に食い止める対策を講じていくかは、政府の一員としての立場にある
からこその責任であった。
とにかく混乱する現場を落ち着かせるため、新たに浮上する課題に迅速に対応
策を打ち出すため、文部科学省の職員には「誰のために仕事をしているのか」の
原点に立ち返り、前例や慣習にとらわれることなく、今必要とされている対策を
とることを言い続けた。

全国市長会立谷会長(中央右)、全国町村長会荒木 会長(左)らから緊急提言を受け取る

埼玉県大野知事からの要望書を受け取る

◆休業期間の長期化を克服する学びの保障に向けて

感染拡大の懸念から緊急事態宣言の発出までの流れの中で、一部の地域では新
学期が始まったものの、都市部を中心に学校再開の見通しが立たない状況に陥っ
た。そうなると、家庭での学習を中心としたフォローでは休業中の遅れをカバー
しきれなくなる。学校に行けることが前提で組まれている様々な教育活動をどの
ような形で実施し、学びを確保していくかが重要な課題となってきた。
文部科学省では、学校の再開を見据えつつも、長期化する可能性も十分に考慮
し、休業期間中の学びを保障するための検討が昼夜を問わず行われた。私は、
「学校は教科の勉強をするだけの場所ではない。授業の詰め込みで帳尻を合わせ
る発想は捨てて、いかにして楽しいと思える学校生活を送れるようにしてあげら
れるかを考えてくれ。」と職員に求めてきた。
そして6月5日、文部科学省では「学びの保障パッケージ」をとりまとめ、全
国へ発信した。
なお、この件に絡んでは各方面から様々な声が上がってきたが、中には「学校
現場のことを分かって言っているのか」と思わず憤慨したくなるような主張もあ
った。教育は国家の基本である。空気に流されることなく、理想と現実を見据え
て取り組まなければならないとの断固たる信念で対応に当たった。
子供達を犠牲にしてはならないし、学校現場で対応する先生方を最大限サポー
トして結果を出してもらわないといけない。この思いに共感した文部科学省の職
員もよく頑張ってくれた。

学びの保障に関わる打合せでは、子供の学びを最優先に考える担当者の熱い意気込みが伝わっ
てきた。

PAGE TOP