活動報告

副大臣公務

東京オリパラを世界へアピール(文部科学副大臣1年間の活動を振り返る5)

国際会議等の場を利用して、東京2020オリンピック・パラリンピック競技
大会のアピールとともに、各国からの参加者等に向けて、日本を訪問し、日本が
誇る伝統・文化に触れてもらいたい旨を発信してきた。その場で得られた反応か
らも日本文化に対する関心の高さを感じた。大会は一年延期となったが、世界中
に約束した日本の最高のおもてなしを準備したい。

10月 日ASEAN スポーツ担当大臣会合

令和元年10月、フィリピン・マニラで開催された日・ASEANスポーツ担当大臣会合に出席。日本におけるスポーツを通じた国際貢献の取組について紹介するとともに、東京オリパラの成功に向けての取り組み状況を説明した。ASEAN諸国が、当該地域におけるスポーツの発展のために、日本に向ける期待の大きさを感じた。

11月 スポーツにおけるドーピングに関する世界会議

令和元年11月、ポーランド・カトヴィツェで第5 回スポーツにおけるドーピングに関する世界会
議が開催され、WADA 常任理事として出席。東京オリンピック・パラリンピック競技大会のホスト
国を代表して、世界ドーピング防止規程の重要性等に関する発言を行った。
※世界ドーピング防止規程及び同規程に基づく国際基準は、6 年に1 回開催される同会
議において審議された上で、WADA 理事会で決定される。同会議には各国のドーピング
防止機関や国際競技団体の関係者らが集まった。

1月 ダボス会議

令和2年1月、ダボス会議での日本博対外発信プログラムでは、会場いっぱいに参加者が
詰めかける中、英語で冒頭スピーチを行った。「日本博」のコンセプト紹介を通じて、日本の文
化芸術に対する関心を高めるとともに、実際に日本の文化芸術を味わってもらうよう日本への
訪問を呼びかけ、最大限のおもてなしを約束した。プログラムの様子はロイター通信社を通じて、
全世界に配信された。

冒頭スピーチを行っているときの様子
冬のダボス、外は極寒だったが、会場内はものすごい熱気で、なんども汗をぬぐいながらスピーチを行った。

《トピック》伊達のあんぽ柿、スイスへ渡る

海外出張では、日程の合間を縫って現地要人との会談や表敬、関係機関の視察
を組み入れることがある。その際はお土産を用意するのが慣例で、私は地元の特
産品「あんぽ柿」を持参し、福島の食の魅力をアピールした。

WADAバンカ会長にあんぽ柿を贈呈
バンカ会長は2007年世界陸上大阪大会の4×400mリレーで銀メダリストとなった経歴を持つ。
そのときの印象が強く、日本への愛着は深い。

ITA のスタッフとあんぽ柿を手に国際検査機関(ITA)はドーピング検査
の実施を担う独立機関として設立された。
東京オリパラ大会をクリーンな大会とするためには、ITA との緊密な連携により検査体
制を構築する必要がある。

 

 

PAGE TOP